たいよう協同組合の基本理念
   
たいよう協同組合は
外国人技能実習生制度及びインターンシップ制度を通じて、日本の経済発展と世界各地域の人々の生活の向上の為、各種支援を行います。
 
 
ご挨拶
 本組合は、異業種の中小企業が相互扶助の精神に基づき協同して事業を行い、各々組合員の経済的発展に寄与する事を目標に結成された協同組合です。
 本組合の特徴は、既に組合員企業がベトナムで日本語学校を開設し現地で日本語教育活動を実施している実績を持ち、更に農産事業(バナナ農園)を立上げ、日本の農業技術の紹介・普及や日本の食育文化の紹介等多分野の領域で現地住民の方々や企業等へ貢献してまいりました。
 近年の中小企業の後継者不足が社会問題となる中、永年の経験と豊富な情報、人脈を活かし、この度外国人技能実習生並びに特定技能者の受入事業を行う事を決心致しました。
 本組合の事業は多彩でありますが、組合会員の事業に対し幅広く、積極的に支援を行う所存です。
 安心して本組合を信頼していただく為には、監理団体の責任のもと法令遵守を徹底し健全な運営を行う予定です。 たいよう協同組合は、従来の枠を越えた新しい協同組合の形態を提案してまいりたいと思っております。

たいよう協同組合 
理事長